2014年9月12日金曜日

すぐ欲しい人のための格安運用(5)SIM フリー iPhone6 のタイムマシン作戦を計算してみる

つぶやいてもいます アカウント:KeitaiBancho
Facebookにファンページを作りました。

SIM フリー iPhone6 のタイムマシン作戦を計算してみる

iPhone6 は発売したばかりなので、割引がほとんどありません。

でも、どうしても今 iPhone6 が欲しくてたまらないという、物欲を抑えられない方のために、
少しでも安く済みそうな方法を考えています。。

以下の記事で、その「タイムマシン作戦」について記事にしています。

すぐ欲しい人のための格安運用(3):iPhone6 を安く買うための作戦!

この方法が本当に有効なのか、より具体的に計算してみました。






この図のように、今すぐにiPhone6にMNPした場合が上の図です。

最初にかかる費用として、MNP関連費用5400円と、解除料10000円がかかります。(更新月ならばかかりませんが。)

図の②は、一旦、SIMフリーiPhone6 を買った、「タイムマシン作戦」の場合です。

 まず、SIMフリーiPhone6を買うのに73224円(67800円+消費税5424円)かかります。
それで、このiPhone6 に現在お使いのスマホのSIMを入れてしばらく使います。
あるいは、SIMを入れずにWiFi専用として使ってもいいですね。

そして、今年の年末か、来年の3月ごろ、iPhone6の安売りが始まったころに、MNPで乗り換えます。
この時、多分ですが、一括0円+キャッシュバックという条件になっているはずです。
一括 0円であれば、機種代金がかかりません。
そうなると、MNPした後は、毎月の費用が割引の分、多分3000円ぐらい安くなります。
(もうちょっと少なくなるかもしれませんが。)

 以降、ずっと①と②では、毎月の費用に差がでてくることになります。

「でも、最初に73224円払うよね?」そうですね。その分余分にかかります。

でも、SIMフリーiPhone6 は価値が高いので、中古品でもあまり値段がさがらないと予想されます。
(予想がはずれたらごめんなさい。)
仮に4万円で売れたとすると、差額は33224円です。33224円が損といえば損です。
キャシュバックがあれば、この損失は埋められる可能性があります。

というわけで、やはり、「タイムマシン作戦」は、有効ではないかと思います。

もちろん一番いいのは、6ヶ月ぐらい我慢して、安くなったところでMNPすることですが。。
それが一番固いです。

あ、あと、毎月割などの割引をもらわないで、安くすまそうと考えている方はまた違った検討が必要になります。それについては、また、別途検討したいと思います。

なお、以上の計算は、ある特定の場合に当てはまるものです。
人によって状況が変るため、かならずしもこれが正しいとはかぎりませんので、あくまで参考としてください。

人気ブログランキング/ブログ村ランキングに参加中です。
投稿ネタが面白かった方や、もっとガンバレ!と応援してくれる方、クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 携帯ブログへ

3 件のコメント:

正義 さんのコメント...

番長さんは買うの?

tnk さんのコメント...

正義さん、
非常にいい質問ですね。
先ほど、とりあえず、Appleのオンラインショップで予約いたしました。やはり、ケータイ番長としては強引にでも、いくしかないかなとも思っております。
まー、状況しだいで、キャンセルする可能性もありますが。

記事にしてご紹介させていただくかもしれません。

正義 さんのコメント...

自分もAppleオンラインで6+シルバー128G SIMフリー予約しました。ソフトバンクは通話定額に入らないと駄目みたいですね。